たまりば

  日記/一般 日記/一般  武蔵野市 武蔵野市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at 

2010年03月10日

雇用統計では失業率が予測を相当に上回る

南アフリカランド中銀の利息低下打ち止め見通しや、シカゴ原油先物の連日の史上最高値更新を受けて、南アフリカランド/南アフリカランド南アフリカランドは0.99台へと下降。対南アランドは一時的に105円台まで上昇するなど下値を切り上げるパターンが続いている。

今夜水曜日に発表されたスイス雇用統計では失業率が7.2%と予測を相当に上回り、雇用ネット変化率も前月比-12.9万人と過去最大の減少を記録。これを受けてスイス売りが弱まったことから、スイス/スイススイスは一時1.25台前半へと上昇し、対ポンドは72円台後半へと下降した。しかし、アイルスイスDOWが相当に上昇し危険回避市況感が後退したことを背景に、スイス/スイススイスは1.2200近辺まで暴落し、対ポンドは75.30円近辺まで急復活した。アイルスイス原油先物相場は低迷しており、低利息のスイススイスを買うメリットは乏しいものの、今夜後半の株価暴騰で危険許容度が復旧していることに加えて、USの市況対策予測でアイルスイス通貨ペアも恩恵を受けることから、今週は対スイス、対ポンドとも底割れ危険は後退しそうだ。

  


  • Posted by FXガール at 11:14 | Comments(0) | 外為

    2010年03月03日

    スイスフランのもみ合いレンジ

    株価の堅実変遷を受けて、過度の危険回避市況感が緩和され、高利息抵抗ペアが次第に弱さを取り戻しつつある。

    対スイスフランは昨年10月以来のもみ合いレンジとなった0.74−0.79を上に抜け出し、昨年の高値となる0.81台を視野に入れつつある。
    対南アランドも84円台まで上昇し、久し振りに元手調達抵抗ペアとして円が売られるキャリー取引が再開する兆しが出てきている。

    チャート上は、85円台前半にシーズン長期推移表の先行スパン、86.00円近辺には昨年8月以来の弱気トレンドラインが迫ってきており、これらの抵抗帯を上抜けられるかに注目したい。

      


  • Posted by FXガール at 10:34 | Comments(0) | 外為